引っ越しても銀行印はそのまま使える?

引っ越しをしても銀行印はそのまま使えます。

ただし、住所変更の届け出をしておかないと、大事な郵便物が届かなくなってしまいます。

銀行印の変更をしない場合でも、銀行の窓口に届け出印と住所を確認できる本人確認書類を持参して、住所変更の手続きはしておきましょう。

 

引っ越しで口座を移す場合は?

引っ越し後も取扱店を移さず使用することは可能ですが、公共料金の自動支払いや、給与振込の手続きの際、口座の取扱店も近くに移しておくと便利です。
もし、口座を近くの銀行に移すのであれば、通帳とキャッシュカードと登録した銀行印を、銀行の窓口に持参して手続きをします。

ただし、ローンなどの取引をしている場合には、これ以外に必要な書類もあるため、そのような場合には前もって銀行に問い合わせておくとよいでしょう。

 

取引銀行のない場所に引っ越したときは?

転勤などの場合には、それまで使っていた銀行の支店がない場所への引っ越しも考えられます。
そのような場合は、引っ越す前に口座を解約するか、新しく取引をする金融機関で預金取立の手続きを頼むことになります。
預金取立には手数料がかかるため、できれば引っ越しをする前に口座を解約していく方が望ましいと言えます。

別の銀行に登録する場合

新しく取引を始める銀行に登録する銀行印は、これまで使っていた銀行印でも構いません
同じものを登録しても、新しいものを用意しても使うことができます。

ただし、これまで使っていた銀行の口座を解約するためには、これまで使っていた銀行印が必要になります。

 

銀行印の紛失に注意

引っ越しの際、心配されるのが銀行印の紛失です。
荷物の中に入ってしまわないように、貴重品は手元に置いておきましょう

引っ越し後にすぐ必要になるので注意

引っ越し後の住所変更で銀行印がすぐに必要になります。
もし見つからなければ、新しい銀行印を作成して、登録し直さなければなりません
引っ越し早々、住所変更だけでなく、紛失届けも出して、新しく印鑑を登録しなければならなくなるような、面倒な事態にならないよう注意しましょう。

まとめ

このように、銀行印自体は引っ越し後もそのまま使用することはできますが、住所変更をしておかないと様々な問題があります。
ポイント
そのため、面倒ではありますが引っ越し後は必ず住所変更、または新しく契約や登録をするようにしましょう!
ポイント
また、引っ越しの際は必ず印鑑は自分で持って行くようにしましょう!